スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りのホームズ

左から2冊は頂いたホームズの古本。右はア○ゾンで買った着せかえ本。
conv0035_2012052<br />4162751.jpg

ちょうど50年前に発行された50セントの本。
conv0033_20120524162805.jpg
表紙も中のイラストも縁の色もピッタリ
conv0034_20120524162813.jpg
「これが ホームズの本!」 
今のホームズにはついていけない・・・

ほんとね

でも見ちゃう。

どんどん原作ものから離れてるような
気がします。テレビ制作のホームズも
やたらCG等使ってるけど、それが今の
流れなんでしょうかね。古き良きロンドンが
好きなんですが・・・・

?

去年の映画が全然理解できなかったので、今年の映画は見に行きませんでした。
なんで 最期だけ一対一の戦いになるんやろ。さっきまで もっといい武器つこてたやん(笑)

私もついてけない

映画もだけど、原本にもついていけないです。だって英語ですからねぇ。
原本といえば、「緋色の研究」のファイルを入手。内容はワトスンの自筆原稿?スタンフォードやレストレード等の手紙?、事件を伝える新聞?写真そしてワトスンのタイプ打ちした事件記録(原稿)などのファイルです。でもどういう訳かフランス語と英語の2冊を持っています。

けいさんへ

お久し振りです。
先日 中国版シャーロックホームズ?の映画を見ました。「王朝の陰謀」ー判事ディーと人体発火怪奇事件ーです。 どこがホームズに似ているのか わかりませんでした。
「緋色の研究」のファイル もしかしたら、例の銀行に預けてあったケースから出てきた資料ですか? いつか見せてくださいね。
英語もフランス語もけいさんなら すぐ読めるようになります。頑張ってね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。